ソフトウェアエンジニアリング

ソフトウェア工学とは何か?

ソフトウェア工学はそれ自体でひとつの概念ですが、それをよりよく理解するためには、それぞれの用語の意味を知ってから、それらがどのように作用しているかを完全に理解する必要があります。一見、簡単そうに見えても、理解するのは難しいものです。また、ソフトウェア工学を応用した作業は難しく、時間がかかるものです。 ソフトウェア工学には、ソフトウェアとエンジニアリングの2つの部分があります。 ソフトウェアとは、特定の仕事をし、特定の要求を満たすためのコード、ドキュメント、トリガーの集合体です。 エンジニアリングは、ベストプラクティス、原則、および方法を使用して製品を開発することです。 ソフトウェア工学の定義。ソフトウェア工学とは? ソフトウェア工学とは何か?ソフトウェア製品の開発を扱う工学の一分野です。ソフトウェアや技術の変化に応じて変化しながら、長年にわたって慎重に磨き上げられてきた一連の原則、ベストプラクティス、手法の中で運用されます。 ソフトウェア工学は、信頼性が高く、効率的で、効果的に機能する製品を生み出すものです。ソフトウェアエンジニアリングによって、このような製品にならないこともありますが、その製品はほとんどの場合、生産段階に戻されます。 では、ソフトウェア工学の完全な定義とは何でしょうか。 IEEEでは、ソフトウェア工学を以下のように完全に定義しています。 ソフトウェアの開発、運用、保守に対して、体系的、規律的、定量的なアプローチを適用すること、つまり、ソフトウェアに工学を適用することである。 ソフトウェア工学の意味が説明していないのは、ソフトウェア工学で作られたものはすべて、内部ではなく、実際の状況下で実際の機械上で動作する必要があるということです。 ソフトウェア工学の紹介 ソフトウェアエンジニアリングは、企業にとって、あるアプリケーションから特定の結果や出力が要求されたときに始まります。ITチームのどこか、通常はCIOから、ある種のソフトウェアを作るように開発者に要求が出されます。ソフトウェア開発チームは、プロジェクトを要件とステップに分解する。この作業は、独立した請負業者、ベンダー、フリーランサーに委託されることもある。このような場合、ソフトウェアエンジニアリングツールは、行われたすべての作業が整合し、ベストプラクティスに従っていることを保証するために役立ちます。 開発者は、どのようにしてソフトウェアに何を入れるべきかを知るのでしょうか?開発者は、インタビュー、情報収集、既存のアプリケーションポートフォリオの調査、ITリーダーとの対話などを経て、具体的なニーズに落とし込みます。そして、ソフトウェアをどのように構築するかというロードマップを構築します。この段階で「作業」の多くが完了するため、この段階は最も重要な部分の1つであり、問題は通常ここで発生することを意味します。 本当のスタート地点は、開発者がソフトウェアのコードを書き始めるときです。これは、コードが現在のシステムやそこで使われている言語と整合している必要があるため、多くの場合、プロセスの中で最も長い部分となります。残念ながら、このような問題はプロジェクトのかなり後期にならないと気づかないことが多く、その後手直しが必要になる。 コードは、書いた時点でも、完成した時点でも、ライフサイクルのあらゆる場面でテストされなければなりません。ソフトウェアエンジニアリングツールを使用すれば、継続的にテストと監視を行うことができるようになります。

Read More
ソフトウェアエンジニアリング

どのOSがいいのか?

新しいパソコンを買う?オペレーティングシステムの選択肢は、これまで以上に広がっています。Windowsは今でも人気がありますが、Macはクリエイティブな仕事をする人にぴったりの選択肢です。Googleが提供するChromebookはシンプルで安価ですし、Linuxのノートパソコンも選択肢の一つです。 でも、新しいコンピュータに最適なOSは何でしょうか?すべての選択肢について、そのメリットとデメリットを交えてご紹介します。マイナーなネタバレ。すべての人に最適なオプションは1つではありません。 Windowsを使うべきですか? あなたのPCに最適なオペレーティングシステムはWindowsでしょうか? Windowsは、ほとんどのユーザーにとって最も馴染み深いオペレーティングシステムです。マイクロソフトは2015年に最新版であるWindows 10をリリースし、Windows 8などの旧バージョンと比較してかなりの改良が施されています。Windowsの利点は、利用できるソフトの幅が非常に広いことです。ビジネス用のソフトウェアからホームコンピューティング用のアプリまで、あらゆる種類のソフトウェアがWindowsで利用できます。 Windowsのデメリットは、大量のマルウェアの標的になっているため、セキュリティ上の問題があることです。Windowsを使うなら、OSを常に最新の状態に保つことが重要です。 macOSを使うべきですか? Apple MacBookに搭載されたmacOS クリエイターの間で好まれているOSがmacOSです。ほとんどのPCハードウェアにインストールできるWindowsとは異なり、macOSは一般的にMacのハードウェアにしか搭載されていません。(Apple製以外のハードウェアにmacOSをインストールして、いわゆるHackintoshを作ることもできますが、これは複雑です)。macOSを使いたいほとんどのユーザーは、Macマシンを購入する必要があります。 macOSのメリットは、Adobe PhotoshopやPremierといったクリエイティブ系ソフトのサポートが抜群に良いことです。この種のソフトウェアはWindowsでも利用できますが、一般にmacOSの方が機能が優れており、オプションも豊富です。macOSのもう一つの利点は、Appleが定期的にアップデートを行い、最新バージョンへのアップグレードが通常無料であることです。また、マルウェアに狙われることもあまりありません。 Linuxを使うべき? ピュリスムLibrem 13 Linux OS ノートパソコンやデスクトップに最適なオペレーティングシステムを探す際に、考慮しなかったかもしれない選択肢の1つがLinuxです。Linuxは使いにくいという評判がありますが、近年ではよりユーザーフレンドリーなディストリビューションが利用できるようになりました。

Read More
ソフトウェアエンジニアリング

macOSレビュー:長所と短所

この記事ではmacOSレビューの長所と短所を紹介します。 1. 便利な無料の生産性向上アプリが付属 Appleが開発した無料のアプリケーションがMacにプリインストールされている、あるいはApp StoreからダウンロードできるのもmacOSの特徴です。例えば、Pages、Numbers、Keynoteなどのオフィス生産性アプリは、一般的に別売りのMicrosoft Office Suiteアプリと異なり、無料で利用できます。 2. Windowsよりもシンプルでクリーンなユーザーインターフェイス Windowsと比較した場合、macOSはユーザーインターフェースがよりシンプルで前面に出ているという利点があります。iPhoneやiPadで使われているモバイルOS「iOS」に慣れている人なら、macOSを使うことはとても身近に感じられるでしょう。アプリは一般的にApp Store経由でダウンロードされ、Launchpadと呼ばれる中央の場所で見つけることができます。 3. マルチタスクに特化した機能 macOSとMacデバイスには、いくつかのマルチタスク機能がネイティブに備わっています。OSには、多数のデスクトップやホーム画面を開くのと同じような、複数のワークスペースを実行する機能があります。Macデバイスには、アプリケーションやワークスペースを切り替えるための専用のキーや、ジェスチャーなどのハードウェア入力があります。 4. より良い統合によるソフトウェアとハードウェアの最適化 macOSのもう一つの利点は、動作が滑らかであることです。Appleは、ハードウェアの設計者であると同時に、ソフトウェアの開発者でもあります。サードパーティ製のハードウェア部品は定められた基準に基づいて選定され、サードパーティ製のアプリケーションは互換性と安全性のテストと検証を受けます。ソフトウェアとハードウェアの統合に強い関心を持つことで、最適化されたパフォーマンスを実現しています。  5.他のApple製品・サービスとの互換性 Appleは、互いにシームレスに互換性のある製品とサービスを開発し、販売しています。macOSもiOSも、ほぼ同様のユーザーインターフェイスとワークフローロジックを持っています。また、Appleが開発したアプリやサードパーティのアプリは、macOSとiOSの両方に対応したバージョンが用意されています。ファイルやデータは、Appleが提供する専用の無料クラウドサービスにより、デバイス間で同期されます。 1.

Read More